CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ブロッコリーの種を蒔きました | main | 餅つき大会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
120センチ水槽基本コンセプト
突然やって来た120センチ水槽
なんとか、海水を入れて廻すまでたどり着きました!
後は、水質を検査しながら、バクテリアが増えるのを待つばかりです。

予算が無いので、とっても大変な作業になりました。
このぐらいのサイズで海水魚飼育をする方は、それなりの予算(30万以上!)
を用意して始めるのが普通のようです。

そんな予算は逆立ちしても出ないので、なるべく低予算で立ち上げる為に
今回は色々と調べまくりました!!

もしかして参考になるかもしれないので興味があったら読んで下さい
まず、ミドリイシなどのサンゴ飼育は諦める!
メタハラの導入は絶対にムリなので、蛍光灯で飼育出来るものに限定。

メタハラは交換球だけでも一万円以上、本体は十万円前後もするので買えません!
ランニングコストを考えるとさらにムリ!!

『飼育するものを限定する』これが最大のポイントです。

次のポイントは『自作』です。
必要な物で、自作が出来る物はなるべく自作する。

今回自作したのは

「サイフォンボックス」 → オーバーフロー用
「ドライタワー」 → ろ過用
「ドライボール」 → ろ過用
それと配管一式です。

これを市販品を購入すると最低でも6万円以上は必要ですが
今回は約8千円でなんとかなりました。

初めての作業ばかりだったので、無駄な買い物や失敗してやり直した物も
あっての金額なので、もっとよく考えて作業すれば、さらに節約が出来ます。

そして最後が『ランニングコストの節約』です。

ランニングコストで一番大きいのが人口海水です。
海水魚なので、当然塩水で飼育しなければならないので、水換えの度に
人口海水が必要になります。
これを節約するには、なるべく水換えをしなくても良いシステムを
導入すれば良いのですが、これが中々難しい。

実際に何年も水換えナシで飼育されている方もいますが、相当な知識と経験
が必要なようです。

そもそもなぜ、水換えが必要なのか?
飼育水はサカナの糞や餌の残りなどが原因で段々と汚れてしまいます。
これを、アンモニア→亜硝酸→硝酸塩とサカナにとって害の少ない物に
好気性バクテリアを使って分解して行くのですが、最終的な硝酸塩は分解できません。
この、硝酸塩を取り除く為に水換えが必要になります。

実は硝酸塩を分解するシステムもあるのですが、維持管理が非常に難しく
しかも、どちらかと言うとサンゴ飼育の為のシステムなので、
私のようにサカナ中心ではどうか?という感じがします。

でも、もしかして上手く行けばラッキーなので、今回は3つのシステムを
導入してみました。

1 モナコもどき
 スノコを使って止水域を作り、サンゴ砂を厚く敷く
2 DSB(ディープサンドベッド)
 パウダータイプのサンゴ砂を厚く敷く
3 偽デニ弁
 タッパー等にサンゴ砂とデニボールを詰める

詳しい説明は他のサイトにお任せします。わたしにはムリです・・・

これで、上手くいったら本当にラッキーです。
ラッキーなのですが、実はかなり期待しています・・・

ランニングコスト削減の為にもう一つ行ったのが
『水量を減らす』です。

普通はなるべく水量を増やすのですが、元の60センチ水槽からすると
今回の水槽は、もの凄〜く水量がある(通常200リッター以上)ので、
サンゴ砂を厚めに敷いて、更に浅瀬も作って水量を減らしました。

これで、使う海水自体が減るので少しはコスト削減になると思います。

それと、浅瀬にはもう一つ狙いがあります。
暖かくなったら、この場所にマングローブを植えようと計画しています。
「マングローブろ過」というのもあるそうなのでこれに挑戦しようと
考えてします。

こんな感じで、低コスト120センチ水槽を立ち上げました。

今回は特に自作ろ過についてかなり調べました。
自作については、もう作ってしまったので問題ありませんが
ろ過はこれからの経過が問題なので、上手く行くかどうかが、かなり心配です。

自作した物と経過は順次公開しますので乞うご期待?

| ++ 120cm水槽への道 ++ | 16:05 | comments(7) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:05 | - | - |
コメント
ども、低コスト、自作情報大すきです。
海水魚まではまだまだ私の経験が不足してますので飼えませんが・・・・
 楽しみにしてます。

嫌気性ろ過ができたら水換えしなくていいんですか?
| wikky | 2004/12/15 5:04 PM |
ども、低コスト、自作情報大すきです。
海水魚まではまだまだ私の経験が不足してますので飼えませんが・・・・
 楽しみにしてます。

嫌気性ろ過ができたら水換えしなくていいんですか?
| wikky | 2004/12/15 5:04 PM |
すみませ〜ん!なんか2回も投稿してしまったみたいです。このコメントでいっきに3回ですね
| wikky | 2004/12/15 5:06 PM |
着々と進行しているみたいで楽しみですね・・・120cm水槽。
自作で色々と作れるなんてスゴイですね。尊敬しちゃいます。

飼育するものを限定されるそうですが、何を飼育予定なんですか?

| ヤマチュウ | 2004/12/15 6:14 PM |
>wikky さん

「嫌気性ろ過」をご存知とは、研究されてますね!
海水魚飼育では脱膣はかなり話題になっていて、実際に水換えを
全くしないで水槽をキープしている方がたくさんいます。

淡水では、あんまり話題になりませんね〜。
なぜでしょうか?

わたしも、めだかの次が海水魚なので経験がなくても
大丈夫ですよ。
プレコを入れたら、もう一つ水槽を立ち上げては?

>ヤマチュウ さん

なんとか、ひと段落です。
ヤマチュウさんも色々とチャレンジ中のようですが
わたしも、今回は初挑戦だらけなので、どうなるか?ちょっと心配です。

自作は好きなのもありますが、予算の関係が大きいです・・・
本来なら、一度ちゃんとした物を買ってから
独自にアレンジするのが理想なんですが・・・

今回の水槽で新規に飼育予定なのは「ヤドカリ」です。
小さいヤドカリを沢山飼いたいと考えています。
後は、海藻も入れたいと思っているのですが、
突然溶けるそうなので考え中です。
| ma2 | 2004/12/15 7:08 PM |
>淡水では、あんまり話題になりませんね〜。
>なぜでしょうか?

淡水は酸素が溶けやすいからです。

パワーフィルターを直列につなぐ場合、海水だと3台は問題なく繋げるそうです。3台ぐらいなら好気性バクテリアが大丈夫とのこと。

淡水だと4〜5台はつなげるはずです。
(モーターに負荷が掛かるのでそんなには、つなげないけど)
嫌気状態にするには、さらにつながないといけない。

嫌気状態にするのに大量な濾過槽が必要に・・・
長〜いタワー?とかね。(海水に使うドライタワーとかも結構でかいけど・・・)
そんな濾過方式は実用的ではないから・・・・

淡水の場合、ウェット・ドライもあまり使わないですね。
理由は同じです。
ドライにして好気状態を作るメリットが少ないから。


淡水の場合、「マングローブろ過」に相当する物はポピュラーですね。

それにしてもメタハラ欲しい!
| thecodont | 2004/12/16 2:59 AM |
>thecodont さん

ディスカスとか古代魚関係の人達はドライタワー好きですよね。
2メートルぐらいあるのを、雑誌やネットで見たことがあります。

メタハラはもっと安くなりませんかね?
10分の1ぐらいに・・・
| ma2 | 2004/12/16 7:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ma2.jugem.cc/trackback/202
トラックバック